• お引越しキャンペーン

閉じる

『富士の湧水』を使った簡単レシピ

かぼす鍋

かぼす鍋

人間はストレスを感じると、体内でビタミンCを大量に消費します。かぼすやれんこんには、ビタミンCが多く含まれ、特にれんこんのビタミンCは加熱してもでんぷん質に守られて壊れにくいので、積極的に摂ることをオススメします。また、かぼすに含まれるクエン酸は、疲労の回復をサポートしてくれます。

材料(2人分)

    • 生タラ2切れ
    • 長ねぎ1本
    • ごぼう1本
    • れんこん80g
    • 『富士の湧水』でとった昆布だし2~3カップ
    • 1/4カップ
    • みりん・しょうゆ各大さじ2~3
    • かぼす2~3個
    • 「韓国風味噌だれ」 
    • コチュジャン小さじ2
    • 調整豆乳大さじ2
    • はちみつ小さじ1~2
    • 白すりごま大さじ1
    • 「梅ねぎダレ」 
    • 梅干し1個
    • ねぎ(みじん切り)1/3本分
    • しょうゆ大さじ2
    • みりん(煮切ったもの)小さじ4
    • ごま油小さじ1

作り方

  1. タラはひと口大に切り、長ねぎは1㎝長さの斜め切りに、ごぼうはささがきに、れんこんは薄い半月切りにする。

  2. 鍋に、昆布だし、酒、みりん、しょうゆを入れて火にかけ、沸騰したら1を加えて煮て、全体に火が通ったら、薄切りにしたかぼすを全体に敷き詰めるようにのせる。

  3. 好みのタレを作って添え、つけながらいただく。

  4. 韓国風味噌だれの作り方

    すべての材料をよく混ぜる。水分が足りなければだし汁で調整する。

  5. 梅ねぎダレの作り方

    梅干しのタネを取って包丁の背などで叩き、ペースト状にしてから残りの材料を全て混ぜる。

レシピ制作・調理

金丸絵里加

金丸絵里加さん

管理栄養士、料理家、フードコーディネーター。栄養カウンセリング、病態別メニュー開発のほかに、メニューコンサルタントとしても活躍。