• お引越しキャンペーン

閉じる

災害時の活用方法

ウォーターサーバーで防災対策

もしもの時に備えて、水の備蓄をおすすめします。定期的にお届けする『富士の湧水』は、備蓄水としても注目されています。

災害に備えて3日分の備蓄水を

災害用装備の確認

大規模な地震が発生した場合、救援物資が届くまでに3日かかるといわれています。水道水が使えなくなることも想定し、3日分の飲料水を備蓄しておきたいものです。



4人家族の場合

1日1人あたり3リットルの飲料水が最低必要といわれており、4人家族の場合、3日間で36リットル必要となります。

「D-パック」なら場所をとらず備蓄できます

リビングに『富士の湧水』ウォーターサーバーとD-パック12Lがある風景

簡単に積み重ねてコンパクトに保管できる「D-パック」なら、必要以上に場所をとることなく、もしもの災害に備えることができます。


※積み重ねる場合は3~4箱程度とし、水平で安定した場所をお選びください。
※お子さまのいるご家庭では、置く場所や積み重ねる数に十分にご注意ください。

停電時も安心「D-パック専用非常用コック」

「D-パック」に非常用コックをつければ、いつでも利用できます。
詳細は商品ラインアップよりご確認ください。

※富士の湧水ウォーターサーバーをご契約の方のみの購入とさせていただきます。
サーバーと非常用コック
非常用コック

使用方法

コックをD-パックに挿している写真
1.コックをD-パックに挿す
レバーを引いたまま注いでいる写真
2.コックのレバーを引いたまま注ぐ